• Calligraphy
    ×
    Screen printing

     

    いつも心に留めておきたい大事な “ 言葉 ” を、あなたの手で美しい文字にして綴ってみませんか?

  • カリグラフィーとは西洋書道とも呼ばれアルファベットや絵文字を美しく描くことを言います


    ワークショップでは専用のペンを使い、あなたにとっての大事な言葉や誰かへ贈りたい言葉を


    それに見合う文字の形やレイアウト、色など表現方法をあれこれ模索しながら綴っていただく時間です


    そう聞くと難しそうに思われる方もいらっしゃるかも知れませんが面倒なルールはありません


    初めての方もどうぞ自由に“文字を描くこと”を楽しみにお越しください!

  • Calligraphy

    言葉と向き合い、文字に遊ぶ

    専用のペンを使って

     

    文字をデザインしていきます。

     

    このワークショップでは、

     

    あなたの好きな1フレーズと

     

    じっくり向き合い、色々な表現の

     

    可能性を探ります。

     

    初めは既にある書体に倣って

     

    描いても良いですし、

     

    自分だけのオリジナルの文字を

     

    デザインしたり、

     

    たくさん遊んでみてください。

     

    書体のご紹介

    カッパ―プレート体

    17世紀イギリスで生まれたカッパープレート体。この書体は美しく、かつ早く書くことを目的に発明されました。ペン先を紙から離さずに続けて書け、効率よく素早く書くことができることから、ビジネス文書や契約書などで活躍した書体です。

    左 ヴァーサル体 /右 アンシャル体

    ヴァーサル体

    ビルトアップというストロークを複数回に分けて描き文字を作り上げていく手法を使います。写本の冒頭ページや文章の読み始めのイニシャル文字として長い間使われていました。こちらは傾きや文字の大きさを変えて描いています。

     

    アンシャル体

    2世紀から3世紀のころ生まれたギリシャ語の書体をもとにローマ字体にした書体で、主にキリスト教の文書に使われていました。これが現在の小文字の起源とも言われています。

    ブラックレター

    別名ドイツ文字とも呼ばれていて黒みがちで荘厳な感じのする書体です。ブラックレターにもいろいろな種類があって、こちらは15世紀以降のフランスで法令文書用の書体として使われていたこともあるそうです。

     

    これらはまだまだほんの一部です。

     

    文字を描いていくなかで、

     

    あなたにとって心地よい

     

    “ 文字のかたち ” を

     

    探し出してみてください。

     

     

    カリグラフィー体験

    平日19時~・日曜日13時~のお好きな日でご予約ください。

    ■定員 4名 ※定員に達し次第、締め切ります
    ■所要時間 約1時間半程度
    ■参加費 4,000円(ワンドリンク付)

    仕上げたものは額装することもできます。もしくはシルクスクリーンで好きなものにプリントすることもできますのでご希望をお伝えください。なお、額装する場合は別途額縁代が必要です。

     

    ※ペン、インク等必要なものはこちらで貸し出しますのでお持ちいただくものは特にございません。

    ※もう1時間早く始めてほしい、など日によっては時間変更が可能な場合がございますので、ご都合の合わない方はお気軽にご相談ください。

     

    <注意事項>

    ・参加ご希望日の2日前までにご予約ください。

    ・インクを扱いますので、なるべく汚れてもかまわない服装でお越しください。エプロンもありますのでどうぞご利用ください。
    ・進行具合によって終了時間がずれる場合がありますのでお時間には余裕をみてご予約ください。
    ・キャンセルについて、当日キャンセル(無断キャンセルも含む)は料金の100%、前日は50%のキャンセル料をいただきます。

  • Screen printing

    好きな言葉を身近に

    シルクスクリーンとは

    孔版画の一種で、インクが通過する穴とインクが通過しないところを作ることで版を製版し、印刷する技法です。左の写真は版を裏から見たもので白く透けているテキストの部分がインクが通過した穴になっています。

    プリントできるもの

    Tシャツやトートバッグといった布製品や革、金属などいろいろなものにプリントできます。カリグラフィーで制作したあなたの作品を、好きなものにプリントすることができます。

     

    ※プリント最大範囲/22cm×22cm以内

    ※常に屋外の風雨にさらされるようなものにプリントするのは耐久性の問題上おすすめできません。

    ※凹凸のあるものなど、中には不向きなものもありますので事前にプリントしたいものをお知らせください。

    ※ご自身でのご準備が難しい場合はこちらで無地のトートバッグなどご用意させていただきます。お気軽にご相談くださいませ。

    インクについて

    布用インク、アクリル絵の具などを使います。混色して好きな色を作ったり、混ぜきらずにわざとマーブル模様が出るようにしたりと色々な方法をお試しください。カラー一覧は布用インクでご用意しているカラーです。布用では他に蛍光色やメタリック、発泡インク(もこもことふくらみます)、蓄光インクなど色々な種類のインクがあります。もし一覧以外のインクをご希望の場合はご予約時にお知らせください。

     

    あなたのアイデア次第、色々なものにプリントして楽しんでください!

    シルクスクリーン体験

    平日19時~・日曜日13時~のお好きな日でご予約ください。

    ■定員 3名 ※定員に達し次第、締め切ります
    ■所要時間 約2時間程度
    ■参加費 4,600円(材料費込み)
    ■持ち物 ご自身の作品、プリントしたいもの

     

    ※もう1時間早く始めてほしい、など日によっては時間変更が可能な場合がございますので、ご都合の合わない方はお気軽にご相談ください。

     

    <注意事項>

    ・参加ご希望日の2日前までにご予約ください。

    ・インクを扱いますので、汚れてもかまわない服装でお越しください。エプロンもありますのでどうぞご利用ください。
    ・進行具合によって終了時間がずれる場合がありますのでお時間には余裕をみてご予約ください。
    ・キャンセルについて、当日キャンセル(無断キャンセルも含む)は料金の100%、前日は50%のキャンセル料をいただきます。

  • 自己紹介

     

    芳木幸代(よしきさちよ)


    静岡大学教育学部美術・デザイン専攻卒
    グラフィックデザイナー


    カリグラフィーやペン画を用いたグラフィックデザイン、作品制作をおこなっています。

  • Access

    場所は本町駅から徒歩5分ほど、オフィス街の中を歩けば古い建物がちらほら目にとまる三休橋筋沿い、こちらも少し古いビルの5階にあります。向かいの綿業会館が目印です。

    Atelier&Gallery Framerme

    541-0051大阪市中央区備後町3-1-2アトラスビル5F

    Tel.06-6228-3117 Mail info@framer.me
    大阪メトロ御堂筋線・本町駅①番出口/堺筋線・堺筋本町駅⑰番出口 各駅より徒歩5分

     

     

     

     

     

    GoogleMapで場所を確認

     

  • お問合せはこちらから

    ご予約される方は下記3点を明記の上、「送信する」ボタンを押してください。

    折り返しご予約完了のメールをお送りさせていただきます。

    1. ご希望のワークショップ内容(カリグラフィー体験/シルクスクリーン体験)
    2. ご希望日
    3. ご参加予定人数

    シルクスクリーン体験をご希望の方はプリントしたい媒体もお知らせください。

    ※なお、ご希望日がすでに定員に達している場合は別の日程をご案内させていただく場合がございます。何卒ご了承ください。

    ※迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合はこちらからのメー ルが正しく届かないことがございます。(@framer.meドメインを受信できるように設定をお願いいたします。)

    ※1日経っても返信のメールがない場合は、恐れ入りますが06-6228-3117まで一度お電話ください。